注文住宅を依頼するなら工務店、ハウスメーカーとの違いとは

工務店は、注文住宅の建築を依頼する候補のひとつです。工務店は、基本的には地域に根付いた建築専門業者で、注文住宅の設計やプランニングを依頼することができます。注文住宅をオーダーする前に、工務店とはどういう業者さんなのか、その特徴や業務について理解しておきましょう。

工務店

建築現場の子供たち

工務店は、「~工務店」のように地域、いや、街単位で存在する小さな建築業者というイメージがあるかもしれません。そのイメージはあながち間違いではありませんが、最近はどうやら様変わりしてきているようです。

基本的に大工や板金工など、建築現場に欠かせない職人さんたちを束ねる働きをしています。一般の顧客やハウスメーカーから建築の仕事をとり、職人さんを手配して作業を進めていきます。ただ、どの工務店も仕事のやり方には多かれ少なかれ違いがあります。ひとつひとつの工事をマネージメントする業者。工務店の仕事をシンプルに表現するならこうなるでしょう。

工務店の形

リフォーム工事

シンプルに言えば工事をマネージメントする業者である工務店ですが、現在の形はさまざまです。

職人気質の棟梁

職人気質の工務店。昔からある地域密着型の小規模業者がこれに当てはまります。ほとんどは社長さんのほかに何人かのスタッフがいるだけですが、地元と周辺エリアで建築仕事を次々にこなしていきます。

全国展開のフランチャイズ

全国展開するフランチャイズ型工務店は、比較的新しい工務店の形です。この形の工務店の特徴は、フランチャイズの本部が持つ特別なノウハウを利用すること。たとえば独自の工法を使用したり、フランチャイズ全体で建材を共有したりすることができるというメリットがあります。

ハウスメーカーとの複合型

フランチャイズのように、有名ハウスメーカーと協力の下、そのノウハウや設備を使用して仕事をする工務店です。このタイプの工務店は、地域内では比較的手広くビジネスを行っているケースが多いようです。

分業型

分業型は、特定の仕事のみを請け負う工務店です。たとえば、設計はまったく行わずに施工のみを担当する工務店がこの形に当てはまります。

工務店をその仕事内容で分類してみましたが、ほとんどの工務店は、単純にこの形に当てはまるわけではありません。それぞれの工務店が、それぞれのノウハウを持っています。最近では、自社のキャラクター付けを強化する業者も登場しており、たとえば専属の建築士による特徴的なデザインを売りにする工務店も増えてきています。

工務店のライバル?ハウスメーカー

家の形をした鳥かご

注文住宅の建築を依頼するもうひとつの候補先がハウスメーカーです。単純に訳せば家を作る会社。家を売る会社と言った方が正しいかもしれませんね。

日本には昔から「大手8社」と呼ばれるハウスメーカーが存在しています。ハウスメーカーは全国展開していて、各地に住宅展示場を持っていることが特徴です。「工務店」でも触れた通り、ハウスメーカーの一般住宅は、地元の工務店が建築を請け負っています。ライバル関係になることももちろんありますが、現在ではビジネスパートナーとしての色合いが濃くなっているようです。

工務店とは何が違うのか?ハウスメーカー

工務店とハウスメーカーで、大きな違いがあるとすれば、すでに触れましたがその規模でしょう。大手ハウスメーカーは全国規模です。工務店の場合は、規模が大きくても、地盤とする地域に数カ所の支店を設けている程度です。

仕事のやり方が違う

さらにもう一点、わかりやすい違いがあります。仕事のやり方です。多くの工務店は、家をオーナーといっしょに作り上げていくことを信条としています。内装も外装も、住む人と相談して作業に入ります。まさしくオーダーメイドのイメージですが、フルオーダーメイドということではなくても、「住む人と共に住宅を作っていく」のが工務店の基本的スタイルです。

一方、ハウスメーカーは、家を商品としてとらえています。シンプルに言えば、家のパーツを組み立てていくことでひとつの家を作り上げるのです。独自の工法を持ち、家のパーツをストックしているハウスメーカーは、全国にネットワークを持つことで、家を建てるというよりは、決まった規格の家を販売することが基本的スタイルです。

住宅建設にかかる費用

住宅を建設する際にかかる費用は、工務店、ハウスメーカー、どちらも大差はありません。強いて言うなら、工務店の方が少し安くなります。これは住宅を建設するに当たりかかる費用で、工事のみの費用ではありません。工事だけの費用なら、ハウスメーカーの方がリーズナブルです。全国展開しているハウスメーカーは、工務店よりも多くの利益をとり、広告にかかる費用の割合も高いため、結果的に費用が少しよけいにかかることになるようです。

住宅建設の工期

住宅建設の工期については、ハウスメーカーに分があります。ハウスメーカーは全国展開しており、多くの家を販売するため、建材をストックするなど、システム化された一連の流れがあります。そのため、単純に比較することはできませんが、同程度のスケールの住宅建設なら、工務店よりも1ヶ月程度は早く工事が終わると考えていいでしょう。

仕事や建材などのクオリティー

仕事や建材などのクオリティーも一概に比較ができるものではありません。しかし、クオリティーが安定しているということでは、ハウスメーカーに分があるでしょう。ハウスメーカーはドアなどの他、小さなパーツに至るまで、多くの場合、自社製品を使っています。その品質にほとんどばらつきは見られません。

工務店の場合、特に価格の安い住宅をメインとしている場合は注意が必要です。価格が安いのは、低価格の建材やパーツを使用しているからかもしれません。あまりにも価格が安い場合は疑ってかかった方がいいでしょう。後のトラブルの元になりかねません。

アフターサービス

実際に住宅の建設が完了後のアフターサービスは、20年、30年と住むことが前提ですから、重視しなければならないポイントです。アフターサービスについては、工務店とハウスメーカーを単純に比較することはできません。工務店の場合は、地域密着ということで、何か問題が発生した場合もすぐに対応してくれるという安心感があります。ハウスメーカーは独自の基準で点検・保証を行っています。

注文住宅なら工務店

リフォーム後の部屋

注文住宅を建てるなら、考えるまでもありませんが、明らかに工務店に依頼した方がいいでしょう。その理由は仕事のスタイルです。工務店の仕事の基本は「住む人と共に住宅を作りあげる」ことです。注文住宅は、住む人の個性や好みが反映されたオーダーメイドの家です。住む人と共に住宅を作っていくので、住む人の思いがこもった家ができあがります。工務店に仕事を依頼する場合は、住宅をデザインしていく感覚と言えばいいでしょうか?そのかわり工期は長くなりがちです。

ハウスメーカーの場合は、すでに触れた通り、「組み立てれば完成する家」を販売する感覚なので、そこに住む人のこだわりや思いを表現する隙間はありません。すべてができあがっているのです。そのため、工期は短くて済みます。

注文住宅は「夢のマイホーム」です。こだわりたい部分はとことんこだわる。地域に根付いた工務店なら、そんなわがままな家づくりができます。こだわるだけにお金もかかるかもしれませんが、妥協するところも自分で決められるのが注文住宅のいいところです。信頼できる工務店を見つけて、「夢のマイホーム」を実現しましょう。